テレビとネットで豊かなデジタルライフを提供します

安全・快適のために|グリーンシティケーブルテレビ株式会社

ホーム > ご加入者の方へ > 安全・快適のために

安全・快適のために

違法CATVチューナの勧誘にご注意下さい

近頃、「ケーブルテレビがタダで観られる!」「万能CATVチューナで見放題!」などと称し未承諾広告メールが無差別に送信されています。また、ネット販売やネットオークションなどでも紹介されていることが確認されています。

これらの機器を販売する行為は不正競争防止法に違反することが明らかであり、損害賠償の対象となります。また、機器を購入し視聴した場合は、"不当に利益を得た"(本来は視聴料金が必要であるにもかかわらず、ケーブルテレビ事業者との契約に寄らず視聴した)行為となり、視聴が発覚した場合には不正視聴期間相当額をご請求することとなります。

CATV局(CATV連盟)としましては、ご加入者の皆様にご迷惑がかかりませんよう、既に当該機器の広告・販売業者に対し、違法行為であること及び販売差し止めの警告を発信済みであり、万一販売を中止しない場合は断固たる法的措置を講じる体制で臨んでおります。

皆様におかれましても、このような不正視聴を目的とした機器の勧誘にくれぐれも注意されますようお願い申し上げます。

不正な視聴料、利用料請求に関するご注意

昨今、架空の債権回収業者の名をかたり、不正な料金支払いの督促が郵送されてくる、悪質な架空請求行為が弊社エリアならびに他放送、通信サービス事業者より報告されました。
内容においても、「有料番組未納利用料」や「有料サイト利用料金」等、特にご契約中のサービス名称に限定をせず支払遅延に関する請求督促をするものです。
弊社より遅延分のご請求をさせていただく場合は、弊社ご契約サービス名称を記載した文書を弊社名でお送りしており、債権回収業者に委託はしておりません。
したがって弊社はこれら債権回収業者を名乗り、架空の利用料請求をおこなう団体とは一切関係がありませんので十分にご注意下さい。
お客様においてお心当たりのない請求、悪質な取立てにつきましては最寄りの警察署または国民生活センターに通知、ご相談いただきますようお願い申し上げます。

最寄の警察署
守山警察署
052-798-0110
瀬戸警察署
0561-82-0110
国民生活センター( http://www.kokusen.go.jp )
愛知県中央県民生活プラザ
(052)962-0999
名古屋市消費生活センター
(052)222-9671

また、法務省のホームページでは、債権管理に関する情報が公開されています。
詳細につきましてはこちらをご参照下さい。

インターネットをご利用頂くにあたっての注意事項

基礎的なウイルス対策 ファイル共有ソフトによるウイルス感染について
不用意な会員登録にご注意下さい 常時接続時の注意事項
クレジットカード利用時の注意事項 認証パスワードの注意事項
個人情報の送信について  

基礎的なウイルス対策方法

インターネットの普及に伴い、コンピュータウイルスによる被害が増大しています。ウイルスに感染されていますと、ご自分のパソコンからパスワードやメールアドレスなどの重要な情報が漏れてしまうばかりでなく、他の不特定多数の方にも被害を及ぼし、無意識のうちに加害者にもなってしまいます。不幸な事態を防ぐためにもウイルス対策をお願いいたします。

コンピュータウイルスは、ホームページや電子メール、ダウンロードしたファイル、OSのセキュリティー脆弱性を狙ったものなどから感染します。

ウイルスの感染を防ぐためには、ウイルス対策ソフトを利用することが最も有効な対策です。またWindowsのUpdateも頻繁に行いましょう。

ウイルス対策ソフトのパターンファイルは必ず最新のものをダウンロードして実行して下さい。古いままではチェックされないウイルスがあります。またすべてのパソコンのウイルスチェックを行っていただきますようお願いいたします。

尚、グリーンシティでは、お客様が送信や受信されるメールについて、ウイルスの検知・削除を行うウイルスチェックサービス(有料)をご用意しております。

WindowsUpdate 無料ウイルスチェック 最新の情報につきましては各社の関連ページをご参照下さい

ファイル共有ソフトによるウイルス感染について

最近ニュースでも話題になっていますが、ファイル共有ソフトにより感染し、パソコン内部のデータを外部に流出させてしまうウイルスの被害が広がっています。

ウイルスに感染すると、 フォルダ内のデータやデスクトップ画面など、パソコンの中の個人情報が外部に流出する危険性があります。

ファイル交換ソフトについては、ご利用をお控えいただくことをお勧めします。

関連URL

不用意な会員登録にご注意下さい

最近、「送られてきたメールに書いてあるアドレスをクリックしたら、突然『会員登録完了』との画面が表示され、料金を振り込むよう督促された」との被害が寄せられています。

不用意に知らないアドレスにクリックすることのないよう、十分にご注意下さい。万一クリックしてしまい、IPアドレス等が表示されても、それだけでは氏名や住所は相手にはわかりません。(メールアドレスは伝わってしまっている場合もあります。)支払いに応じたり、返信メールを送ったりしないよう、ご注意下さい。

ご心配があれば消費生活センターや、各県警察本部ハイテク犯罪対策室等にご相談下さい。また、「インターネットホットライン連絡協議会」( http://www.iajapan.org/hotline/ )等でも情報を提供しております。

常時接続時の注意事項

ブロードバンドの普及により、インターネットへの常時接続は、一般的になってきましたが接続時間が長いため、第三者からの不正侵入やパソコンに蓄積されているプライバシー情報など、データの盗難、データの改ざん等が行われる可能性があります。 不正アクセスからパソコンを守り、無意識のうちに加害者にならないようにしましょう。

また下記のような事を行いセキュリティを高める事が重要です。

  • 必要な時以外は、パソコンの電源を切る。
  • セキュリティソフトをインストールする。
  • ブロードバンドルーターを導入する。

Webページでダウンロードするソフトウェアからウイルスに感染する場合もあります。
怪しいソフトウェアをダウンロードしないようにしましょう。

クレジットカード利用時の注意事項

インターネット上で商品をご購入する際には複数の決済方法(クレジットカード、代金引換便、コンビニ決済、銀行・郵便振り込み等)が用意されています。
その中でクレジットカードを利用する場合には、以下のことにご注意下さい。

  • SSLなどセキュリティ保護されたWebページで情報を送信する。
  • クレジットカードを他人に貸したり、番号を教えたりしない。
  • クレジットカード番号は電子メールで送らない。
  • クレジットカードによる支払い状況をチェックする

ご不明な点や被害にあわれた場合は、ご利用のカード会社様へご相談下さい。

認証パスワードの注意事項

インターネットやメールを利用するためのIDやパスワードは、利用者の方がサービスを受ける為の大切な鍵になります。
これらの情報を知られてしまうと、第三者による不正な利用を許してしまう事になり、金銭的な被害を被る場合もあります。
パスワードは、定期的に変更して頂くなどし、厳重に管理しましょう。

個人情報の送信について

SSL を利用していないサーバに向けてクレジットカードの番号等の個人情報を送信すると、インターネット上を平文のままデータが流れ情報を盗聴される場合があります。
クレジットカード番号や個人情報を送信する必要があるときは、必ずSSL を利用しているかどうか確認してから送信しましょう。
※ブラウザに鍵のマークが表示されているものがSSLを使用しているサーバになります。

Cookie は、自分の情報を相手方サーバに伝えて記憶させます。これによって二回目の訪問の場合には、自分用にカスタマイズされたページを表示するために、同じ情報を再度入力する必要がないなど、有効に使われる場合が多いのですが、Cookieは一種の個人情報であり、これをブラウザが記憶していることで、悪意のあるスクリプトから不正に読み出される可能性がないとはいえません。
Cookieを利用する時は、常に自分の情報がネットワーク上に流れるということは認識しておきましょう。
なお、ブラウザの設定で送られてくるCookieを記憶しないようにすることができます。

雷対策について

パソコン、ケーブルモデムなどは雷の被害を受けやすい機器です。雷が近づいたら次のような予防処置をとって、被害を最小限に防いでいただきますようご協力をお願いいたします。

雷対策

  • 接続されているパソコン、プリンタなどの機器の電源を切って下さい。
  • ケーブルモデム、パソコン、ルータなどの電源コンセントを抜いて下さい。
  • LANケーブルをケーブルモデムからはずして下さい。
  • モデムと保安器を繋いでいる同軸ケーブルは抜かないで下さい。
  • 長期間不在にされる際やあらかじめ落雷の予想される時期におきましては、お出かけ前に上記作業を行っていただくことをおすすめいたします。

使用再開されるときは、雷が完全に収まってから、ケーブルモデムの電源コンセントを差し込み、ランプが安定状態になってからLANケーブルを接続してパソコンを起動して下さい。

会員の禁止行為

  1. 他人の著作権、その他の権利を侵害する行為。
  2. 他人に不利益をもたらす情報を漏洩する、誹謗、中傷等の他人の名誉を害する行為。
  3. 法令に違反する、又は猥褻な内容の電磁的記録を公然と公開する等の公序良俗に反する行為。
  4. 契約約款に違反する行為。
  5. インターネット接続サービスに関する弊社の業務の遂行、若しくは弊社の電気通信設備のいずれかに著しい支障を与え又は与えるおそれのある行為。
  6. 弊社から事前に承認を得ていない、インターネットサービスを通じてまたはインターネットサービスに関連する営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。
  7. 許可されない手法、手段により他人のコンピュータシステムへ不正アクセス、また情報を改ざん・消去する行為。
  8. 無差別な迷惑メール(いわゆるスパムメール)を発信する行為。
  9. コンピューターウイルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそれらを支援、宣伝もしくは推奨する行為。
  10. その他、弊社が不適切と判断する行為。
万一、上記のような行為があった場合は、インターネット接続サービスの利用を停止する、又は電磁的記録を削除することがありますので、あらかじめご承知下さい。

このページの先頭へ